予測の精度:魔法の数字とは?

予測の精度:魔法の数字とは?

「予測分析の精度は、うちのビジネスだとどれくらいが妥当でしょうか?」 こんな質問をよく受けます。予測とは100%確かなものでは無いと理解しつつも、では90%、85%、80% どれくらいが可能なのか? 、魔法の数字と思える精度の高い予測を求めてくるのです。

これに対する回答は、様々な...

続きを読む

価格最適化でスポーツウェアメーカーの収益を改善

価格最適化でスポーツウェアメーカーの収益を改善

在庫日数の増加や在庫セールによる減益は、小売店はもちろんメーカー直営店にも大きな影響を及ぼします。最近、世界的に有名なスポーツウェアメーカーで実施した例ですが、需給状況に応じた価格最適化で、メーカー直営店の大幅な収益改善を実現したプロジェクトを紹介します。

多...

続きを読む

予測の検証とタイムトラベル

予測の検証とタイムトラベル

データアナリストと予言者、その違いはなんでしょうか?
例えば、来月のバナナの売上予測、この数値はビジネスの意思決定に対して役立つ指標であり、一定の信頼性があるのかを検証する場合、どのような方法が考えられるでしょうか。

予測分析の性質として、現時点での予測を評価するには、未来の結果が出るまで待つ必要があります。では、現時点の予測...

続きを読む

アナリティクスのハードルを下げる

アナリティクスのハードルを下げる

アナリティクスや分析の最悪な結末は、結果的に実際の行動に何も結びつかなかったというエンディングです。
時間・工数・資金いずれにしろ、相当な資本を分析プロジェクトに注ぎ込んだにもかかわらず、そこから得た洞察が無視され、意思決定をするための材料としても使われない組織を想像してみて下さい。
このような無駄が頻繁に発生してしまうのはなぜでしょ...

続きを読む

サイバーセキュリティの未来 :セルフディフェンスに向けたレジリエントシステム

サイバーセキュリティの未来 :セルフディフェンスに向けたレジリエントシステム

サイバー攻撃が今後も飛躍的に巧妙化することが予想される一方、攻撃に対する防御の方法論・考え方は未成熟なままです。多くの組織が採用しているセキュリティ対策は、悪意をもったハッカー、ウイルス、プログラムから自身を守るための強固な「防御の壁」を作ることに重点を置いていますが、攻撃者がこの防御の壁を乗り越える手段を見付ければそ...

続きを読む

セグメンテーションと価格

セグメンテーションと価格

「あなたが売るのは製品やサービスではなく 『価値』 です」
― 営業担当ならこんな言葉を耳にすることも多いでしょう。それにはちゃんと理由があります。
顧客によって製品やサービスに対して感じる価値は異なり、それぞれに対して幾らだったら払う意志があるのかも異なります。例えば、地域や営業チャンネルが異なる顧客が、あるオファーに対して幾らだったら...

続きを読む