投資対効果を最大化するアトリビューションモデルの進化系

投資対効果を最大化するアトリビューションモデルの進化系

あなたが次の旅行を計画していたら、引越しをしたいと考えていたら、またはクルマの買い替えを検討していたとしたら? 様々なブランドやメーカーとかなりの回数、場合によっては10回以上接触するかもしれません。この場合、ブランドのマーケティング担当者はどの広告が最も効果的だと判断するのでしょうか? 顧客の興味が購入に転換するシナジーとは何な...

続きを読む

サイバーセキュリティの未来 :セルフディフェンスに向けたレジリエントシステム

サイバーセキュリティの未来 :セルフディフェンスに向けたレジリエントシステム

サイバー攻撃が今後も飛躍的に巧妙化することが予想される一方、攻撃に対する防御の方法論・考え方は未成熟なままです。多くの組織が採用しているセキュリティ対策は、悪意をもったハッカー、ウイルス、プログラムから自身を守るための強固な「防御の壁」を作ることに重点を置いていますが、攻撃者がこの防御の壁を乗り越える手段...

続きを読む

パーソナライゼーションで顧客ロイヤルティプログラムを活性化

パーソナライゼーションで顧客ロイヤルティプログラムを活性化

顧客ロイヤルティプログラムの存在は失われてはいないものの、「儲けては使う」というやり方は無くなりつつあり、今や顧客はより多くの見返りを期待し、株主はより多くを要求する時代です。

従来の利益に対する固定費を設定している顧客ロイヤルティプログラムの運営は高くつきますが、もしプログラム接...

続きを読む

LTV最大化のために実践すべき顧客アプローチ

前回のブログ「ECサイトでも考えておきたいLTVと計算方法」では、LTVの概要や、その算出方法について説明しました。
現状のLTVが確認できたら、次にLTVを最大化するための具体的な顧客アプローチについて考えてみましょう。今回は、顧客セグメントした上で、新規顧客や優良顧客、休眠顧客に対して行う、LTV最大化のための施策をご紹介します。

続きを読む

ECサイトでも考えておきたいLTVと計算方法

最近、ECサイトやWebマーケティング関連のセミナーやメルマガでも、LTVという単語がよく使われていますが、あなたのECサイトでこのLTVというものを考えたことはありますか?直近の売上自体は調子が良いように見えても、一人ひとりの顧客が継続的に購入していなければ、つまりLTVの値が低ければ、来月や来年の売上がどう転ぶかわかりません。

LTVとはどのようなもので、ECサイト運営とはどのように関わってくるのでしょうか。今回はLTVの概要や計算方法などについて、要点を理解してお...

続きを読む

3つの指標で優良顧客を探しだすRFM分析とは?

顧客をセグメントする手法としてよく知られているものに、RFM分析があります。最新購入日、購入頻度、購入金額といった顧客データを整理し、全体像を把握することで顧客をランク付けする、分析方法の一つです。
また、ECサイト用に一歩進んだ手法としては、RFM分析とサイト上のアクセスログを組み合わせたWRFM分析という方法も、弊社のツール「EC KPI Monitor」を使えば可能に...

続きを読む
Page 1 of 6Next ›Last »