価格最適化でスポーツウェアメーカーの収益を改善

価格最適化でスポーツウェアメーカーの収益を改善

在庫日数の増加や在庫セールによる減益は、小売店はもちろんメーカー直営店にも大きな影響を及ぼします。最近、世界的に有名なスポーツウェアメーカーで実施した例ですが、需給状況に応じた価格最適化で、メーカー直営店の大幅な収益改善を実現したプロジェクトを紹介します。

多くのブランドに...

続きを読む

アナリティクスのハードルを下げる

アナリティクスのハードルを下げる

アナリティクスや分析の最悪な結末は、結果的に実際の行動に何も結びつかなかったというエンディングです。
時間・工数・資金いずれにしろ、相当な資本を分析プロジェクトに注ぎ込んだにもかかわらず、そこから得た洞察が無視され、意思決定をするための材料としても使われない組織を想像してみて下さい。
このような無駄が頻繁に発生してしまうのはなぜでしょう?
...

続きを読む

セグメンテーションと価格

セグメンテーションと価格

「あなたが売るのは製品やサービスではなく 『価値』 です」
― 営業担当ならこんな言葉を耳にすることも多いでしょう。それにはちゃんと理由があります。
顧客によって製品やサービスに対して感じる価値は異なり、それぞれに対して幾らだったら払う意志があるのかも異なります。例えば、地域や営業チャンネルが異なる顧客が、あるオファーに対して幾らだったら払うのかは、...

続きを読む

LTV最大化のために実践すべき顧客アプローチ

前回のブログ「ECサイトでも考えておきたいLTVと計算方法」では、LTVの概要や、その算出方法について説明しました。
現状のLTVが確認できたら、次にLTVを最大化するための具体的な顧客アプローチについて考えてみましょう。今回は、顧客セグメントした上で、新規顧客や優良顧客、休眠顧客に対して行う、LTV最大化のための施策をご紹介します。

続きを読む

ECサイトでも考えておきたいLTVと計算方法

最近、ECサイトやWebマーケティング関連のセミナーやメルマガでも、LTVという単語がよく使われていますが、あなたのECサイトでこのLTVというものを考えたことはありますか?直近の売上自体は調子が良いように見えても、一人ひとりの顧客が継続的に購入していなければ、つまりLTVの値が低ければ、来月や来年の売上がどう転ぶかわかりません。

LTVとはどのようなもので、ECサイト運営とはどのように関わってくるのでしょうか。今回はLTVの概要や計算方法などについて、要点を理解してお...

続きを読む

3つの指標で優良顧客を探しだすRFM分析とは?

顧客をセグメントする手法としてよく知られているものに、RFM分析があります。最新購入日、購入頻度、購入金額といった顧客データを整理し、全体像を把握することで顧客をランク付けする、分析方法の一つです。
また、ECサイト用に一歩進んだ手法としては、RFM分析とサイト上のアクセスログを組み合わせたWRFM分析という方法も、弊社のツール「EC KPI Monitor」を使えば可能に...

続きを読む