古いマーケティングミックス・モデリングからのシフト

マーケティング部門の評価は、ROIつまり利益貢献という視点に変わってきました。近年のデジタルマーケティングの急伸、アドテクの発達、ビッグデータソリューションなどのおかげで、マーケッターがプロモーションの反応を追跡し検証することは、以前よりはスムーズになってきました。

メディアチャネルやプラットフォームの激増は、カスタマージャーニーを煩雑にしています。拡大するメディア全般での顧客行動を追跡するのは、ますます厳しくなっているといえます。今までのトップダウン方式のマーケティングミックスモデルは、これらの変化に全く対応できません。

マルチタッチ アトリビューション分析の場合

Antuitにはマルチタッチ アトリビューションのための統合フレームワークがあります。独自の手法で、全てのマーケティング活動やメディアがどのような反響を及ぼすのか、ユーザー体験をチャネルごとに集約してアトリビューションとして可視化します。レコメンデーションの頻度やその予算実行の指針が把握できるので、的確な支援が実際のマーケティング活動につながります。

詳細は [アトリビューション分析] をご覧ください。