正しいマークダウン戦略

利益の最大の障害は、不良在庫です。マークダウンに関する迅速な判断は多くの問題と直面します。損失は削減し、利益も確保しながら在庫をさばかなければならない、しかし品揃えはキープしたい。それぞれの値下げの値は、担当者の経験値から決められることが多いようです。
そして値下げは、チェーン店全体に展開されるのが一般的です。”一掃セール”のような施策は、総じて時期が早すぎ、値引きしすぎる傾向があります。また、この施策を店舗ごとに任せていると、むやみに利益を減らしてしまうことになってしまいます。

売上を伸ばすデータ分析に基づいたマークダウン戦略

AntuitのIntegrated Forecasting System (IFS) を利用した、クリアランス価格の設計は、購買者の行動情報と価格予測モデルを用いています。意思決定者は、インサイトと可視化によって、価格と利益を誤った減額から守りつつ、販売スピードを向上させることができます。このソリューションは特に以下のような意思決定に役立ちます:

  • 最適な価格帯 (販売するのに十分安いが、利益は十分確保できる)
  • 地域ごと、クラスターごと、店舗ごとの最適なマークダウンの順序
  • 最適なマークダウンのスケジュールと期間

効果・メリット

  • 生産性の低い在庫の販売を増やす
  • 利益と売上の改善
  • シームレスで効率的なワークフローや業務プロセスの自動化
  • 生産性の低い在庫の可視化と収益性率を改善する戦略
  • マークダウン施策による全体的なインパクトの理解