顧客ニーズに即した、運転資金の最適化

サプライチェーン全体の在庫レベルを最適化することは、本質的で重要な課題です。サプライヤーの上流の供給元や、卸売り業や小売業から最終的な顧客に至るまでこの問題は重視されています。適切なタイミングで、然るべき場所に、適切な量の在庫を確保することが、顧客の需要を満たし、売上と最終利益を伸ばします。

発注から配送までのリードタイムは、顧客が期待する時間が短くなるほど、商品をすぐに利用できないという不満につながってしてしまいます。あらゆる業界の商品で同じような期待があり、また不確実な顧客の需要にも対応するため、一般的に企業は在庫を抱えることになります。そして多くのケースで、サプライチェーンはより非効率となり、資金需要も高くなってしまします。

全てを網羅するアプローチ

Antuitの在庫最適化ソリューションは、必要なサービスレベルを維持しながら、効果的な在庫管理を実現します。原材料・試作品・完成品へ、高度な分析モデルで、仕入先からメーカー、販売卸や小売業者までサプライチェーン全体の在庫調整を把握します。最適な在庫計画のためには、あいまいな需要と供給ならびにコストを検討するメソッドがあるので、以下のような課題に応えられます。

  • それぞれの仕入先は、サプライチェーン全体にどのような影響があるのか?
  • 受注生産か見込み生産、どちらの設備にすべきか?
  • 必要な在庫を、地域ごとにSKU単位で知りたい
  • 在庫を減らすためには、どの製品をどの地域に集中して投入すべきか?

従来の段階的な在庫最適化の手法と、Antuit独自のモデルを組み合わせることで、運転資金だけでなくサプライチェーンのコスト全体を低減する安全在庫を算出できます。
推奨された安全在庫が実施された場合、検証プロセスをシュミレーションして結果を確認します。

在庫改善のメリット

クライアントにより高いレベルのサービスを届けるために、最適な在庫配置を決め、その影響が収入・予算・施策・調達にどのように及ぶかを測定します。たとえば以下のような留意点です。

  • 在庫を抑制することで運転資本を緩和する
  • 在庫充足率の改善
  • 増収につながる欠品率の削減
  • 冗費の排除と効率性の追求で利益率を向上