購入頻度の低い商品の購入者と関わりを深めるには

購入頻度の低い商品の購入者と関わりを深めるには

ブランドの成功のためには、顧客との継続的な関わりが欠かせない、これは誰もが認める方程式と言えるでしょう。日常的に使う商品の場合、ブランドと顧客の関係は明確です:顧客は商品を店舗やネットでみつけて、それを購入します。では、年に1~2回しか購入しない商品やサービスの場合、顧客との関わりを継続していくようなCRM(Customer Re...

続きを読む

資産価値として店舗スペースに着目してみる

資産価値として店舗スペースに着目してみる

食料雑貨、ドラッグ、様々な商品の需要は絶えず移り変わり、消費者は日常に変化を求めています。10年前、小売店の商品棚にはCDやDVDがあり、食品スーパーではラガービールをケースで販売し、ショッピングモールでは写真を印刷するコーナーがあるのが当たり前でした。それが今ではECサイトで発注した地ビールを飲みながらオンラインで映画を観て、自宅で写真をプリ...

続きを読む

成功するパーソナライゼーションに必要なデータ分析とは

成功するパーソナライゼーションに必要なデータ分析とは

先日、近所のスーパーでワインを買いました。翌日「お得意様キャンペーン」というメールがきたので興味をひかれて見てみると、買ったばかりのワインをさらに安い値段でオススメする内容。「ワインはあるから今はいらないよ!」「買った直後に値下げするなんて」と残念な気分に——。似たような経験、ありませんか。
お客さまの「好みの商品」を、「必要...

続きを読む

データと職人技で競争力を磨け

データと職人技で競争力を磨け

数年前にガートナーが「これからはビッグデータです」と言い出した。ビッグデータの力を確信していた私たちは、海外から革新的な事例をたくさん仕入れ、ここぞとばかりに多くの企業に営業をして回った。でも当時の日本では、まだまだ顧客サイドがそこまで現実味を持っておらず、「そんなことができたらいいね」と遠い将来の夢物語を聞いているかのような反応が多かった。ビッグデー...

続きを読む

データ分析の成功と失敗を分けるポイントとは

データ分析の成功と失敗を分けるポイントとは

以前いた会社で、SoRとSoEという言葉があった。それぞれSystem of RecordとSystem of Engagementという言葉の略で、SoRは会計・人事などの基幹系システムを、SoEは顧客と関わる時に使うシステムを指す。

大切なのはそれぞれに対するライフサイクルの違い...

続きを読む

投資対効果を最大化するアトリビューションモデルの進化系

投資対効果を最大化するアトリビューションモデルの進化系

あなたが次の旅行を計画していたら、引越しをしたいと考えていたら、またはクルマの買い替えを検討していたとしたら? 様々なブランドやメーカーとかなりの回数、場合によっては10回以上接触するかもしれません。この場合、ブランドのマーケティング担当者はどの広告が最も効果的だと判断するのでしょうか? 顧客の興味が購入に転換するシナジーとは何な...

続きを読む
Page 1 of 9Next ›Last »