データと職人技で競争力を磨け

データと職人技で競争力を磨け

数年前にガートナーが「これからはビッグデータです」と言い出した。ビッグデータの力を確信していた私たちは、海外から革新的な事例をたくさん仕入れ、ここぞとばかりに多くの企業に営業をして回った。でも当時の日本では、まだまだ顧客サイドがそこまで現実味を持っておらず、「そんなことができたらいいね」と遠い将来の夢物語を聞いているかのような反応が多かった。ビッグデー...

続きを読む

データ分析の成功と失敗を分けるポイントとは

データ分析の成功と失敗を分けるポイントとは

以前いた会社で、SoRとSoEという言葉があった。それぞれSystem of RecordとSystem of Engagementという言葉の略で、SoRは会計・人事などの基幹系システムを、SoEは顧客と関わる時に使うシステムを指す。

大切なのはそれぞれに対するライフサイクルの違い...

続きを読む

「日本のすごい現場力」を強みにするためのデータ経営とは

「日本のすごい現場力」を強みにするためのデータ経営とは

日本のホワイトカラーは生産性が低い、と言われて久しい。でも日本の重厚長大の会社でキャリアをスタートした私としては、これが不思議でならなかった。周りを見ても誰もサボっていない。一所懸命働いている。欧米企業のエグゼクティブ並みに長い時間コミットしている。

しかしその後、私はア...

続きを読む

私がビッグデータ分析の会社を立ち上げた理由

私がビッグデータ分析の会社を立ち上げた理由
〜残念な分析プロジェクトに足りない2つの要素とは〜

「なぜ分析会社をはじめたのですか」と聞かれることが多い。以前は名前の知られた会社のマネージメントの一角にいたし、日本では聞き慣れない業種に興味を持たれるからかもしれない。その背景には、私が以前から抱えていた問題意識がある。それは、日本にはビッグデータがもたらすパワーを活...

続きを読む